• 未分類 »
  • ヘッドハンティングする人材はキャリアがあります。

ヘッドハンティングする人材はキャリアがあります。

外資系に入社した時、小さい事務所でしたが本社は大きな世界的な企業でした。部長クラスは全員がキャリアがあってヘッドハンティングによって入社をしたようでした。一線で直ぐに戦力になる人材を探すのは大変ですが、その為にヘッドハンティングにお願いすると良いピッタリなキャリアのある人材を探してくれると思います。外資系は特に新人を採用するよりも経験豊かな人をより欲しているのが分かります。アメリカの知り合いはある医療系の資格は取っても中々採用されないでいますが、経験が無いのが致命的だというのです。何でも最初は経験を積む為に仕事をこなす方がより就職活動も有利になると思います。
社長としてはキャリアな人材が欲しくてヘッドハンティングで採用した社員が思った以上に良くないと判断をすると外資系は特にレイオフになる可能性は強いです。そのような経緯で入社をすると給料は途端に良くなるのは当然ですが、社長の評価が悪いと判断されないように経験をフル回転させて頑張る必要があると思います。外資系の会社で働いていた時、色んな場面を見てきましたが、全体に仕事は給料が良いだけあって厳しいような気がします。また、普通に社員も他の会社に引っ張られて辞めて行った人もいます。その前に社長と交渉をしていたようですが多分希望どおりの結果で無かったと言う事だと思います。一年すると給料も自分の方からアップを社長に願い出る人もいました。兎に角黙っているよりも発言が大事だと思います。

This entry was posted in 未分類