• Archive by category "未分類"

Blog Archives

キャリアと思いこみヘッドハンティング

私が大学生くらいの時に見ていたドラマなのですが、好きな俳優さんに女優さんが数人出演されていて、面白そうだなと思って見始めました。連続ドラマは第1話でだいたい今後も見るかみないかが決まりますよね。そのドラマは私の中で大ヒットで、DVDまで買ったほどです。第1話で広告デザイナーで名の売れている方が、会社に反発して独立しますと言いだし、会社を辞めました。そして、同業者の後輩と組み会社を設立します。
後輩は女性も一緒に働かないとやる気が出ないなんて言いだし、では、キャリアのある女性をヘッドハンティング出来たら、一緒に働くようにしても良いと条件を出しました。そこで名前を間違え、全然キャリアのない女性にヘッドハンティングしてしまいます。もし私がそんな名の売れている方が会社を立ち上げるから来ないかなんて言われても、正直、悩みます。大手の会社に長年勤めて、ボーナスも支給され、安定していたのなら、これからどう転ぶか判らない方を選択することはありませんよね。
しかし、そのドラマでは会社を辞め、設立の手助けに行きます。これが、出会いの幕開けでした。結局、人違いだと判ったので市が、会社も辞めてしまっているので、居座ることになり、だんだんと仲が深まり最後にはハッピーエンドで終わったのですが、毎回、笑えるシーンもあり、胸が締め付けられるような恋心的な場面もあり、自分が恋しているような感覚で見入っていました。最近はそんなに毎回見るようなドラマがなくなって残念です。

キャリアをいかしたヘッドハンティング

今まで仕事で頑張ってきて築いた専門的な能力を誇りに思っている人は少なくありません。ましてやこれが特殊な分野であったり、ライセンスを必要とするジャンルであった場合には、そのキャリアを高く評価したいという企業もたくさんあるのです。転職を考えているときには、特に自分の人材としての価値を認めてくれる所で勤めたいと思うのは、だれしも思うことです。ましてやライフスタイルを崩したく兄とか、その他生活環境により、自分の井蛙kつに仕事を合わせながら、しかも活躍も大いにしたいなどと思うのであれば、なおのことヘッドハンティングをしてもらえれば、こちらの転職条件をのんでもらえる可能性は高いので、非常にラッキーです。人材会社は、どの業種においても専門的に通じたプロのエージェントがいますから、自分のキャリアを持っている分野の人材が売りか買いかの動向の最新の状況を掴んで、転職条件をどのくらい叶えるかの対策を考えてくれます。
業種によりアピールして、ヘッドハンティングを待てると判断できれば、求人側にその詳細の情報を提供し、転職ができるまでの全てをサポートしてくれます。魅力のある履歴書の書き方を始め、面談時のアドバイス、交渉の代行、転職時の書類作成に至るまで、細やかにフォローをしてくれますから、ストレスなく、前に進むことができます。転職は必ず成功するでしょう。自分ではリクルート活動をしなくても良いのですから助かります。

仕事のキャリアをアピールしてヘッドハンティング狙い

転職をする時に、自分で公募による求人に応募をして回る人がいますが、そのキャリアがどんなに価値があり、優良な人材だとしても、転職条件交渉もできずに、自分の希望の転職ができずに失敗をするということがあります。自分の人材としての価値を欲する企業には、こちらが強気で交渉をできるという物なのですが、人材の仲介のプロでなければ、まず企業に自分の優良さを知ってもらうことができません。キャリアがあり、優れた人材であれば、ヘッドハンティングにより好待遇や望みの処遇で迎え入れてくれる企業が現れます。やあhり、それは人材の需要と供給の世界でのことですから、人材紹介や求人情報提供などのプロである大手で有名な人材関係の会社のエージェントに相談することなのです。
キャリアを持っている人は、企業においても即戦力になります。そのキャリアの内容によっては、すぐにでも欲する人材であることもあります。そのような状況を知り得るのは、求人側の情報がたくさんある人材紹介会社だけなのです。だから、その土俵の上に乗り、自分のキャリアと優良さを求人紹介会社にしっかりと紹介してもらい、ヘッドハンティングを待ち、自分の価値を値にしてみると良いのです。ただ、自分おキャリアに関しての需要と供給のバランスという点から、求人情報に応募して、転職条件の交渉をしてもらう方が良いと言うこともありますから、洞察力の鋭いプロのエージェントに戦略の相談をした方が良いかも知れません。

ヘッドハンティングする人材はキャリアがあります。

外資系に入社した時、小さい事務所でしたが本社は大きな世界的な企業でした。部長クラスは全員がキャリアがあってヘッドハンティングによって入社をしたようでした。一線で直ぐに戦力になる人材を探すのは大変ですが、その為にヘッドハンティングにお願いすると良いピッタリなキャリアのある人材を探してくれると思います。外資系は特に新人を採用するよりも経験豊かな人をより欲しているのが分かります。アメリカの知り合いはある医療系の資格は取っても中々採用されないでいますが、経験が無いのが致命的だというのです。何でも最初は経験を積む為に仕事をこなす方がより就職活動も有利になると思います。
社長としてはキャリアな人材が欲しくてヘッドハンティングで採用した社員が思った以上に良くないと判断をすると外資系は特にレイオフになる可能性は強いです。そのような経緯で入社をすると給料は途端に良くなるのは当然ですが、社長の評価が悪いと判断されないように経験をフル回転させて頑張る必要があると思います。外資系の会社で働いていた時、色んな場面を見てきましたが、全体に仕事は給料が良いだけあって厳しいような気がします。また、普通に社員も他の会社に引っ張られて辞めて行った人もいます。その前に社長と交渉をしていたようですが多分希望どおりの結果で無かったと言う事だと思います。一年すると給料も自分の方からアップを社長に願い出る人もいました。兎に角黙っているよりも発言が大事だと思います。